これはびっくり!ワインボトルも買取対象なんです!!

これはびっくり!ワインボトルも買取対象なんです!!

ワインを買取してもらいたい、という人は少なくない。

飲まないワインをコレクションとして保存するのも大人の贅沢だが、スゴく大切なワイン以外を無駄に保存しておいても一生飲むことがない、という人はワインを買取してしまった方が良いだろう。

しかし、中には””ワインは飲むものであり、眺めるものではない””という哲学の人もいるだろう。
実は、ワインはボトルも買取可能なのだ。その理由や買取のコツを紹介していこう。

ワインボトルを買い取ってもらう際の注意点

ワインの買取業者の中には、ワイン自体ではなく“ボトル”を買取してくれる業者も存在している。

そもそも、ワインはほかのお酒に比べるとボトルがオシャレという側面を持っている。
その証拠に、オシャレなインテリアショップに行ってみると、大抵ドライフラワーなどがワインボトルを花瓶に見立てて飾ってあったりするのを見たことがある人も多いのではないだろうか。

ボトルがインテリアとして活躍しているのだから、そういった側面で需要があると考えて良いだろう。
さらに、ポイントになってくるのが高級ワインのボトル。

これは、ワインマニアや飲食店がコレクションとして空ボトルを並べたいという思いもあるので、ちゃんと需要が存在しているのだ。となると、注意しなければならないことが出てくる。

傷の有無をしっかりチェックする

まず、ボトルの状態。割れてしまっていたり、ほこりまみれだったり、これといった銘柄が記載されていなかったり、こういったボトルは高額査定されにくいので注意が必要になってくる。

中には、ちょっとした傷が入っているだけでも、ぐっと価格を下げて査定されてしまうこともあるので、傷の有無は特に意識してチェックしてほしい部分だろう。

付属品でできるだけ揃えて買取に出す

ワインボトルだけとはいえ、高級ワインであれば高価買取査定される。
しかし、そこで注目したいのが付属品の有無だろう。

ワインボトルだけでの買取は、高級ワインだったとしても、残念ながらやはり安価だ。中身がある場合と、無い場合とでは全く価格が違うと言っても過言ではない。

だからこそ、ワインボトルだけの買取の場合、付属品の有無が買取査定額に大きな影響を与えると考えていいだろう。
高級ワインであれば、化粧箱やさまざまなグッズも付属する。
それらを持ち込むだけで、本来は大した金額にならないワインボトルも、ぐっと査定額が高まることがあるので意識しよう。

ボトルは洗わずに買取に出す

意外に感じる方も多いかもしれないが、実はボトルは洗ってピカピカにして査定に出すよりも、中身を洗わずに出した方が高価買取になることがある。

もちろん、1本数百円のボトルを洗わないまま多く持ち込んでも微妙だが、高級ワインとなれば話は変わってくる。

例えば、ボルドーの1級シャトーの空ボトルの場合、ワイン液や酒石酸などがビン底に溜まっていることで、本物の香りが漂うなど付加価値がぐっと高まる。

ボトルを欲しがっている人たちにとっても、何となく飲んだことが分かる雰囲気の方がオシャレに感じるため、高価買取を狙うなら洗ってはいけないのだ。

ワインボトルも買い取り対象になる理由はコレクション的な価値があるから!

冒頭でも伝えているが、ワインボトルが高価買取査定される理由は、ずばり小クレションをしている人たちがいるからだ。

さすがに、本物の未開封ワインをたくさん仕入れるのは難しいのだが、空ボトルを集めるのであれば庶民でも高級ワインを手に入れることができる。

例えば、メドックの61シャトー分全てが揃っていれば、空ボトルであっても壮観だろう。
このように、さまざまなワインをコレクションしている人たちにとって、空のワインボトルもお宝となるわけだ。