意外とあなどれない!!【九州ワインの特徴】

意外とあなどれない!!【九州ワインの特徴】

近年、日本ワインが注目されている。
しかし、一般的に注目されているのは山梨県や長野県、北海道といった銘醸地であり、多くの素晴らしいワイン産地はまだまだ影を潜めている。

さて、そんな日本のワイン産地の中で、近年注目を浴びている場所がある。
それが、九州地方だ。焼酎のイメージが強い九州だが、実はワインも昔から造っておりその品質も高い。
ここでは、九州のワイン産地について紹介しよう。

九州ワインの特徴

本州では、甲州やマスカット・ベーリーA、さらにはピノ・ノワールやケルナー、ナイアガラやデラウェア、シャルドネにメルローなどが多く栽培されている。

ブドウ栽培に適した土地であることは言うまでもないが、近年は品質の高いワインを生産するための努力を各生産者が続けており、その結果世界に通用するワインも少しながら現れてきた。

さて、そんな本州に比べると九州ではどのようなワインが造られているのが想像しにくい方もいるだろう。
実は、九州は比較的繊細で軽やかなワインが造りやすい土壌であり、白ワインやロゼワインで品質の高いものが多く見受けられる。

そもそも、ワイン用ブドウに最適な土壌では無いところが難しいところだが、ブドウ栽培自体は昔から行われており、その品質の高さから、近年注目度が高いワイン産地として知られるようになったのだ。品種としては、キャンベルアーリーや巨峰、シャルドネなどが有名だ。

ひじょうに湿気が多く台風も多い産地だけに、ワイン用ブドウの栽培は厳しいというイメージがある九州だが、土地によっては適しているところや、台風や雨の影響を受けにくい場所もあるなど注目すべき部分は数多くある。

キャンベルアーリーなどは、早く収穫出来るブドウであり本州よりも良いレベルのものができることで知られている。

今後も、九州地方はワイン造りに力を入れていくことは間違いないので、しっかりと注視し続けるべき産地になりそうだ。

九州のワイナリー【まとめ】

九州にはどんなワイナリーがあるのか、ここで簡単ではあるが紹介していこう。

巨峰ワイナリー

九州のワイナリーというと、巨峰ワイナリーを耳にしたことがある人も少なくないだろう。

比較的大きなワイナリーであり、ワイン祭りなども積極的に開催している。
その名前の通り、巨峰を使用したワインを多く造っており、甘酸っぱく、どことなく懐かしい味わいのワインとして人気が高い。

観光名所のひとつにもなっているので、九州に旅行に行かれる際には一度チェックしてほしいワイナリーだ。

引用:http://www.koolshaker.com/?p=12387

熊本ワイン株式会社

近年、高い評価を受け続けているのが熊本ワイナリーだ。1999年に設立されたワイナリーで、山鹿市菊鹿町の契約栽培で育てられた熊本県産ワインを造っている。
菊鹿ワイン」が特に知られており、熊本県産のシャルドネにこだわったレベルの高い一本になっている。

さまざまな名誉ある賞を受賞するワイナリーであり、九州地方のワイナリーを引っ張って行く存在として今も尚注目されている。

都農ワイナリー

宮崎県に位置する、都農ワイナリー。さまざまな賞を受賞しているだけでなく、地域振興にも力を入れている注目度の高いワイナリーだ。

キャンベルアーリーで非常に有名であり、ロゼは特に品質が高いと日本ワインファンたちから崇拝されている部分がある。
醸造家も日本中の生産者たちの中でも有名な存在であり、今後も話題となることは間違いない。

九州地方の赤ワインを楽しみたいのであれば、間違いなく都農ワイナリーを尋ねたい。

引用:http://www.tsunokanko.com/page/wain.html

九州のおすすめのワイン【まとめ】

最後に、九州地方で造られている注目ワインたちをいくつか紹介する。ぜひ、その味わいの良さを楽しんでみてほしい。

あすぱらワイン

2002年度「全国優良ふるさと食品中央コンクール」を受賞したことで話題になっているのが、あすぱらワインだ。
佐賀県にある珍しいワイナリーであり、鳥栖市とJAさがが共同で開発した、あすぱらを原料としたユニークなワインである。

甘く、良質なあすぱらをしぼり、ブドウ果汁を加えてフレッシュな味わいに仕上げた驚くべきワインとなっている。
ワイン好きには驚きかもしれないが、地域振興のひとつとして注目されているワインなだけに、一度は楽しみたい。

引用:https://gurutabi.gnavi.co.jp/i/i_5359/

安心院ワイン メルロ

本州でも人気が高い安心院ワインが醸す、「安心院ワイン メルロ」。

モダンなラベルデザインもさることながら、丹誠込めて栽培された品質の高いメルローを贅沢に樽熟成で仕上げている。
黒系果実の風味とほど良い酸、タンニンが料理と相性も高めてくれる、品質の高い九州を代表する赤ワインと言っていいだろう。

引用:https://www.enoteca.co.jp/item/detail/NS0600010

キャンベル・アーリー・ドライ・ロゼ

手塩にかけて栽培した、品質の良いキャンベルアーリーを敢えてロゼに仕上げた、フレッシュでチャーミングな味わいの「キャンベル・アーリー・ドライ・ロゼ」。
イチゴ、ラズベリーの風味に穏やかな酸が飲み飽きさせない魅力を持っている。

九州ワインを語るのであれば外せない、都農ワイナリー渾身の1本と言えるだろう。

Do NOT follow this link or you will be banned from the site!