北海道はでっかいどう【北海道ワインの特徴】

北海道はでっかいどう【北海道ワインの特徴】

近年、日本ワインの中で強い注目を集めているのが、北海道のワイン。北海道は、酪農やラーメン、海鮮などが有名だが、実はワインは特に有名だったことをご存知だっただろうか。

しかも、近頃ではドイツなどと似た冷涼な気候ということもあり、品質の高いブドウ栽培で日本ワインの未来を担うと話題になっている。
今回、ここでは北海道のワインの特徴をいくつか紹介していく。ぜひ、参考にしてほしい。
別の記事で山形ワインの特徴についても紹介しているので、そちらの記事もぜひ見ていただきたい。

北海道ワインの特徴

北海道のワインは、日本の最北端ということもあり、冷涼な地域を生かした白ワインが多い。
さらに、広大な土地を有していることからワイン用ブドウの生産量としては、群を抜いて日本一の座を守り続けているのが現状だ。

数多くのワイナリーが点在しており、大手ビール会社も新しく函館付近にブドウ畑を入手している。
北海道は、昔からブドウ栽培が行われていたが、実際にワイン造りが始まったのは、国内では最初の自治体経営による十勝ワインのワイン醸造がスタートと言われている。

醸造設備などの進化はもちろん、日本では不可能と言われてたピノ・ノワールが造れることなどが話題となり、新規生産者も続々と北海道に進出しはじめているのだ。

ぶどう栽培から見る~北海道の気候の特徴~

冒頭に紹介しているが、北海道最大の魅力と言えば、やはり数多くのドイツ品種をはじめとした白ブドウ品種が多く栽培されているところだろう。

もちろん、黒ブドウも私たちが知っている固有品種だけではなく、国際品種が使用されており、全く新しい日本ワインの産地として注目されている。
北海道がなぜ、ここまで国際品種を手掛けることができるのか。
それは間違いなく、収穫期に梅雨が無いことだろう。

日本でブドウ栽培を行う最も大変な理由は、その雨量だ。
しかし、日本以上に雨量のあるワイン産地もあるのだが、それは収穫期でないことが大きい。
どうしても、収穫期にまとまった雨が振ってしまうと、果実の養分が薄くなったり、カビに侵されやすくなる。
海外品種がとにかくデリケートなものが多いことから、結果的に日本では品質の高いものは難しいとされていた。

さらに、北海道は湿度が低くカラっとしており、昼夜の寒暖差も大きい。
さらに平均気温が低い冷涼なだけに、ドイツやアルザスなど、ヨーロッパの北限の産地のブドウ品種がよく育っている。

そのためか、ケルナーやリースニング、シルヴァーナー、シャルドネなど白ワインの品質が高い。
さらに、黒ブドウに関しても、ピノ・ノワールやツヴァイゲルトなど、ヨーロッパ系ブドウが注目されている。
今後も、北海道が注目され続ける産地であることは間違いないだろう。

北海道のワイナリー【まとめ】

ここでは、北海道で有名なワイナリーをいくつか紹介していく。
必ず覚えておきたい銘醸ワイナリーなので、忘れずにチェックしてみよう。

ふらのワイン

ふらのワインは、富良野市ブドウ果樹研究所が出しているワインのことであり、富良野市の農業振興の一環として1972年に設立された。

富良野は、昼夜の温暖差がかなり大きく品質の高いブドウが収穫できると言われている。
さらに、ケルナーやミュラートゥルガウといったドイツ系品種を多く栽培しており、味わいが軽やかでフレッシュなワインを多く造っているところが特徴だろう。

また、アイスワインも楽しむことができるので、見つけたら必ずチェックしたい1本だ。

引用:http://www.furanowine.jp/factory.htm

十勝ワイン

十勝ワインと言えば、北海道でもっとも有名と言っても過言ではない、そんなワインだろう。
帯広に広大な土地を持っている池田町が造っているワインであり、厳しい環境から一大ワイナリーとして多くの人たちの努力が実を結んだ。

今、清幸や清舞、山幸などのヤマブドウを交配させたさまざまなオリジナル品種を開発し、品質の高いワインを造り続けている。

北海道ワイン株式会社

一度は飲んだことがあるだろう、おたるワインを造っているのが北海道ワイン株式会社だ。
肥沃な石狩平野にワイナリーを有しており、450haという日本最大級の自社畑を有しているところが特徴だ。

ワインは100%国内産であり安心と安全を保証。1,000円前後で素晴らしい品質のワインを醸している。

引用:http://www.hokkaidowine.com/contents/gallery/index.html

Do NOT follow this link or you will be banned from the site!