日本のワインの特徴とワインの買取手段

近年、品質の高まりとともに日本ワインが注目を浴び続けている。
各種メディアで宣伝活動を起こっている、ということも関係しているが、100年以上続いている歴史ある日本ワインの価値が見直されて来た、と考えてもいいだろう。

さて、そんな日本ワインなのだが、基本的にどういったワインなのか詳しく分からない方もいる。
ここでは、日本ワインやワインの買取について考えて行く。

ワインコンクールから見る日本ワインの特徴

日本には、ワインコンクールが多く存在している。
さらに、国際的なワインコンクールは山ほどあり、近頃は日本ワインもそういった国際コンクールで賞を獲得するようになってきた。

さて、そんなワインコンクールに出品される日本ワインはどのような傾向があるのだろうか。
まず、山梨県では甲州、マスカット・ベーリーAといった日本固有の品種を使ったワインが多く製造されている。

その他、ハイブリッド種と呼ばれている品種やデラウェアやキャンベル・アーリーといったアメリカ系品種、シャルドネやメルロー、カベルネ・ソーヴィニヨンといった国際的にも知られているヨーロッパ系品種も栽培されているなど、日本ワインはその多様性の広さも魅力として捉えられている。

ワインコンクールにおける日本ワインの傾向を見ていると、比較的酸が穏やかでアルコール度数も低めの、繊細でエレガントなワインが多く見受けられる。
どっしりとした、果実味が爆発しているような重厚なフルボディワインは少なく、和食に合わせやすい繊細で飲み心地の軽いものが多い傾向にあるだろう。
日本ワインは白ワインが特に評価される傾向にあり、柑橘系の香りを意識したものが多い。
また、生食用ブドウをワインに使用することが多いため、マスカット系の甘い香りも感じられるのが特徴的だろう。

ただし、近年はビオディナミなど、オーガニック栽培に凝っている生産者も数多くおり、中には品質に難アリといったワインも多く散見される。

大手ワインメーカーや生産者団体の主導で栽培技術はじめ、醸造技術などの指導体制が整っていくことで、より全体としてのレベルアップが図れるのではないか、と期待されている。

日本ワインの主な生産地

日本ワインとひと言でいっても、その産地は広い。
日本ワインの産地というと山梨県というイメージが強いかもしれないが、実際に山梨県は全国に点在するワイナリーの1/4が集結しており、かなりの量のワインを生産している。

とはいえ、国際品種の生産量などであれば北海道、長野県が多く、山形県もワイン産地として非常に有名だ。

関西地方はワインというよりは日本酒のイメージもあるかもしれないが、関西ワイナリー協会が存在しているなど、大阪府、京都府、兵庫県などでもワインは造られている。

北陸、九州地方でも多くワインが生産されており、今やほとんどの都道府県でワインが造られていると言っていいだろう。
とはいえ、やはり主要産地は山梨県、長野県、山形県、北海道であることは間違いない。

日本国内のワインの生産量

日本ワインの歴史

日本ワインの歴史はヨーロッパのそれに比べれば短い方だが、それでも100年以上の歴史を持っている。
縄文遺跡からヤマブドウの種子が発見されたり、九州地方でその昔ワインが造られていたことが分かったりと、その起源はまだ定かではないが、ブドウ酒は昔から造られていたことが分かっている。

さて、そんな日本でのワイン造りが本格的に始まったのは、やはり山梨県である。
続くことは無かったが、1870年には山梨県甲府市で「ぶどう酒共同醸造所」が創立されており、その頃から甲州を使用したワインが製造されていた。

さらに、北海道でもワイン醸造が進められていたが、本格的にワイン造りがスタートしたのは、1877年の「大日本葡萄酒会社」。
後のメルシャンとなる、日本ワインの親だが、高野正誠と土屋竜憲という二人の青年がフランス シャンパーニュ地方のランスに研修に行っており、その技術を持ってして日本で本格的なワイン醸造が始まった。

その後、「川上善兵衛」が1890年の岩の原葡萄園を開き、マスカット・ベーリーAなど、さまざまな交配品種を造り日本ワインの発展に寄与。

とはいえ、まだまだブドウ酒自体が浸透していなかった日本において、ワイン産業は難しく、酒石酸が潜水艦の音波探知機の振動子に利用されるため、軍事用にワインが製造されている時代もあった。

しかし、大手の甘口赤ワインのヒットやポリフェノールブーム、栽培技術や醸造技術の刷新により確実にその品質は向上。
海外から濃縮果汁を輸入して造る国産ワインだけでなく、日本産ブドウ100%のワイン製造量も近年増加傾向にあり、国際的にも知られるようになってきた。

さまざまな苦難を超えながら発展を続けて来たのが、日本のワイン産業。これからも、その発展に期待しながら見守っていこう。

引用:http://www.iwanohara.sgn.ne.jp/about/index.html

ワインの主な買取手段

ワインを多くもらったり、たくさん購入したものの飲む機会が来ないと思ったワインは捨てるのではなく、買取店に買取してもらうことを推奨する。

ワインは資産価値があるものだったり、需要が世界中にあることから買取店も積極的にワイン買取を行っている。
では、ワインを買取するためにはどんな手段があるのか、ここでひとつずつ説明していこう。

出張買取

ワインを買取してもらうのであれば、まずは出張買取もおすすめだ。
高級ワインであったり、大量のワイン、さらに買取店が遠方にあるという方の場合は、なかなか持ち運びしたいという気持ちにならない。

そういった時、買取店が直接自宅などにやってきて、その場で査定をしてくれる出張買取がおすすめだ。
大量にワインを売るのにも役立つし、高級ワインも品質が高いままで売ることができる。

セラーに大量にワインが残っている人などであれば、間違いなくこの出張買取がおすすめだろう。

店頭買取

読んで字のごとく、店頭買取は買取店に直接ワインを持ち込み、査定してもらう査定方法だ。
直接鑑定士が目の前で査定してくれるので商談しやすいし、その場で出た査定額をすぐに受け取ることができる。
ただし、遠方でったり、持ち運び中のトラブルは注意しておくべきだろう。

宅配買取

自宅にいながらワインを買取できる手段と言えば、宅配買取だろう。
多くは、手数料や配送料は無料で、梱包材を無料で送付してくれる。
自分でダンボールにワインを詰め込み、必要書類と同封して指定の宅配業者に集荷に来てもらえば終わり。

査定結果を後で聞き、納得出来たら売れば良いのだ。
しかし、自分で梱包すること、買取金額が振り込まれるまで時間がかかるので、ライフスタイルを合わせて考えてみよう。

おすすめワイン買取業者

最後に、おすすめのワイン買取業者をいくつか紹介する。ぜひ参考にしてほしい。

ファイブニーズ

ファイブニーズは、ワインはもちろん、酒買取業者としても名高い店鋪だ。
お酒に特化した買取店であり、ワインに詳しい専門の買取業者がいるので安心して買取を任せることができる。
詳しくは買い取り公式サイトを見てもらいたい。

さらに、注目したいのが販路が広いため多少マニアックなワインであっても正確な価格で査定してもらえるというところだろう。
多くのワインファンが信頼している業者なので、気になった方は相談してみると良いだろう。

引用:https://www.sakekaitori.com/

フードマインド

フードマインドは、高額なワインを専門に買取を行っている信頼のワイン買取業者のひとつだ。
そもそも、ワイン買取で15年以上の歴史を持っているだけあり、どれだけ愛されている業者であるか理解できるだろう。

ロマネコンティや5大シャトー、ペトリュスなど、高級ワインも正確査定してくれるので、安心して買取を任せることができる。

買取専門フリーダイヤルも存在しているので、何かワインの買取で分からないことがあったら、積極的に聞いてみると良いだろう。

引用:http://www.foodmind.com/

パスワーク

酒を専門として買取業務を行っているのが、パスワークだ。
大阪の梅田や東京に店鋪を持っており、さまざまな酒類を買取しているので、まとめ売りなどには最適だろう。

また、注目したいのが、””ワインに詳しい鑑定士が多く揃っている””というところ。
ワインのプロが集まっているからこそ、正確な査定をしてもらえるところが魅力だ。
ぜひ、困ったことがあったらパスワークに相談してみると良いだろう。

引用:https://paz-work.com/

Do NOT follow this link or you will be banned from the site!